お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

食が細い猫のフードの工夫

猫と暮すノウハウ: 2020/04/10

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

今日は食が細い猫さん、特に高齢猫の

フードの工夫のお話です。

室内生活をしていると食べすぎ傾向の猫さんの方が

圧倒的に多いのですよね(笑)

 

我が家もよく食べる子がほとんど。

ですが、中には食の細い子もいます。

 

元々食が細い子、何かの病気が原因で食べる量が減ってしまった子、

高齢期に入り食欲が落ちてきてしまっている子、

少食の原因は様々です。

 

食が細くても適正体重に近いならそう心配もいりません。

ですが、数ヶ月で明らかに体重の減りが大きかったり、

急に食べる量が減った時は要注意です。

 

病気が原因で食べる量が減っている可能性もありますし、

口の中に何か変化が起きて食べにくくなっていることも。

病院での検査や診察をして、健康状態をチェックしましょう。

 

また、猫も人間同様、高齢期に入ってくると自然にフードの

食べる量が減っていきます。

 

猫にとって食事は生活の中の大きな楽しみの一つ。

高齢になっても、その食事がきちんと出来るように

サポートしてあげたいですよね。

 

自力で食べる力は生きる力です。

栄養面を考えれば、強制給餌という選択肢もありますが、

自力で食事が出来て、トイレの普通に行けて、ゆっくりでも

室内を自由に歩き回れるうちはやっぱり自分の力で食べて欲しい。

 

なので、その部分を維持するために必要なのがフードの工夫です。

我が家も今まさに、その状況です。

最年長のまつちよは只今17歳。

 

元々食が細い子でしたが、ここ1年ほどは更に食事量が減っています。

少しでも食べる楽しみを維持するため、

私が実践していることは次の事です。

 

・療法食に頼りすぎない。

 療法食以外で好むフードがあるならそれも合わせて取り入れる。

 その際にはかかりつけの獣医さんに相談してフードの確認をしてみましょう。

 我が家の場合は療法食+まつちよの好むフードを食べさせてOKと言われています。

 

・食事の回数を増やす

 一度に食べる量が減って来ているなら、回数を増やしてカバー。

 

 ・色々なフードを用意しておき、試す。

 昨日まで食べていたフードに見向きもしなくなるという

 猫あるあるがおきても慌てないため。

 

・温度や質感の工夫。

 ウェットは少し温めるとニオイも立ち、食欲を刺激します。

 ドライフードをふやかしてみたり、目新しいものに

 良い反応を示すこともあります。

 

思うように食べてくれないと心配になることが多いですが、

そんな時は慌てずに出来ることをしていきましょう。

 

キャットフードも今は新商品がどんどん出ています。

人気のちゅーるやその類似品もたくさん。

その中には総合栄養食や腎臓や毛玉ケア、

グレインフリー商品も出ています。

 

コミュニケーションを取りながら食べてもらえる、

このちゅーるタイプのフード、食欲アップのために

うまく活用していくのも良い方法だと思います。

 

総合栄養食を中心に、時にはおやつなども取り入れて

食べたい、美味しい、食事が楽しみとなるような工夫をしていきましょう。

 

高齢猫との暮らし、フードの選び方、体調管理ついてお悩みがありましたら、

いつでもでもねころんにご相談下さい。


pagetop