お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

6男ねこ・きじたろうのこと

我が家の猫達: 2016/12/21

kijitarou

 

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

メルマガ第5号もわが家のねこのお話を!!

しばらくは7匹のねこ達の紹介も兼ねてお届けします。

 

わが家の6男ねこ、「きじたろう」ただいま2歳。

なんと2歳にして体重は6キロを超え、わが家最重量級のココたろうに追いつけ追い越せ?!

キジトラ白のキジトラ多め、とってもイケメンの顔立ちなのに。。。

お口の周りのうっすらキジトラ色がちょっとおとぼけな印象、でもそれが可愛い!!

と、今回も親バカ炸裂中の私です。

 

このきじたろう、体格はわが家ナンバー2になる勢いですが、

とにかく性格が穏やかで優しいんです。

まだ2歳、やんちゃの盛りのはずなのに、のんびり屋さんで見ているだけで癒されます。

そしてフォトジェニックなきじたろう、写真写りの良さが抜群!!

なので、ブログを始めねころんのSNSにはかなりの頻度で登場します(笑)

 

このきじたろうとの出会いも驚きでした。

2年前の初夏の雨が降った翌日のこと。。。

日中、夫が仕事をしていると、家の外から子猫らしき大きな鳴き声が。

子猫が母猫を探して鳴いている声に、敏感に反応してしまうんです、私たち夫婦は(笑)

その時私は、会社勤務中で家にいませんでしたが、この鳴き声を聞いてしまった夫は。。。

もちろん、その声をたよりに子猫を確認する為に外へ。

 

マンション1階のエアコンの室外機の下に、、、

3匹の子猫が重なるように隠れていたのです。

直感ですぐには逃げないな!!と感じた夫は一旦家に戻ります。

そしてすぐにダンボールを組み立て捕獲用の箱を作成。

この間ほんの2、3分の事だったと思います…

 

普通、、普通は、ここで警戒心が強い子猫なら人間が戻る前に逃げ出す事も十分あります。

が、しかし…この時の子猫3匹、揃いも揃ってのんびりトリオでした。

それも全員男の子…

なので、ダンボールを持って戻ってもほぼその場所にいた3匹は…

あっという間になんなく夫に身柄を確保され、無事にわが家に運ばれました。

後からこの話の流れを聞いた私は「さすが!!」と夫を絶賛しました!!

 

通常、子猫は人間が思っている以上にすばしっこいので簡単に捕まえることが

出来無い事も多いのです。

一度捕まえ損ねると更に子猫は用心深くなるので捕獲の難易度が上がります。

なので、この時3匹を慌てることなく保護出来たのは本当にラッキーでした。

 

子猫3匹を無事保護した夫から、勤務先の会社で仕事をしている私にメールが入ります。

 

「子猫3匹保護しました、帰りに子猫セットをよろしく」

 

最初にメールを見た時はびっくりでした。

子猫を保護してきた事は今までも何度もありましたが、3匹とは!!!!!

過去に4匹の兄弟猫を保護したことがあり、目まぐるしい毎日だったことが思い出され…

ですが、次の瞬間、家に帰ると子猫達に会えると思うと心が弾みました。

この後の子猫育て奮闘記は次回の7男ねこ・しまじろうの時にまたゆっくりと(笑)

 

今、きじたろうの最大の関心ごとは…

「ごはんだいすき」

「ごはんいっぱいたべたい」

ごはん一択です。。。だから、、、身体が、、、どんどん大きくなってる…

 

でも、最新の猫知識をアップデートし続けている私には、考えがあります。

あ、まぁそんなに大した考えでは無いのですが…

フードの種類の見直しも検討中。いつまでも元気に長生きしてほしいから!!

 

イケメンのお顔でじっと見つめられても…ごはんはあげません!!…3回に1回は…(汗)

毎日このせめぎ合いが繰り広げられているわが家のリビングです。


pagetop