お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

意外に多い猫のフケのお悩み

猫の健康のこと: 2019/11/21

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

乾燥が気になる季節になってきましたので、

猫のフケのお話を。

 

ねころんに寄せられるお悩みで意外に多いのが

フケに関すること。

 

皆さんのお家の猫さんはどうですか?

少し出ているかも…くらいならほとんど心配はありません。

これは正常な代謝活動が行われている証拠です。

 

人間同様、新陳代謝によって皮膚が生まれ変わる時に

古い角質がはがれたものがフケになります。

 

毛色が濃いめの猫さんだとこのフケが出ていると目立つので

わかりやすいのですが、毛色が薄めや白い猫さんは気がつきにくいので、

時々、皮膚の状態を見てあげて下さい。

 

以前よりフケが多くなったなとか、身体の一部、または広範囲をかゆがって

しょっちゅう舐めたり、かいていたり、またその部分が

脱毛して来ていたら、それは要注意です。

 

主なフケの原因を記載しますので、気になったらチェックしてみましょう。

・乾燥によるもの

これからの季節、乾燥が気になってきますよね。これは猫も一緒。

空気が乾燥するとフケが出やすくなりますので、室内の温度湿度管理を

気をつける必要があります。

 

・フードによるもの

フードが体質に合わず、アレルギー反応を起こすこともあります。

主食は良質な総合栄養食が基本で、皮膚や被毛の状態を確認しながら、

選んで行きましょう。気になる症状がでた時はまずかかりつけの獣医さんに

相談し、フードの改善をする必要があります。

 

・体質によるもの

これは生まれ持った個体差なので、その体質を理解し、皮膚トラブルに

なりそう、なってしまった時は速やかに病院を受診しましょう。

 

・ストレスによるもの

ストレスを抱えていると身体に何かしらの異常が出やすくなります。

身体を必要以上にかいたり、同じ場所を何度もグルーミングをし続けたりすると

皮膚が刺激を強く受けるので、フケも目立つようになります。

ストレスの原因を突き止め、解消してあげることが大切です。

 

・高齢によるもの

猫も高齢によって皮膚の状態が衰えてくると、皮脂が出にくくなり、

フケが出やすくなります。また高齢の猫は皮膚が弱く乾燥肌になりやすいので、

ブラッシングやコーミングも優しく、軽めに行いましょう。

使うブラシやクシもソフトタッチのタイプがおすすめです。

 

いくつか代表的な原因をあげてみました。

お家の猫さんに当てはまることがありましたか?

 

季節の変わり目などはフケが増えることがあります。

そのことも踏まえながら、急にフケが増えたり、かゆがっていたり、

脱毛が見られる場合は早めの受診を心がけましょう。

 

皮膚疾患は時に完治までに時間がかかることもありますので、

もし皮膚疾患と診断されたら、焦らずじっくり治していきましょう。

 

皮膚疾患など気になることやご心配なことが

ありましたら、いつでもねころんにご相談下さい。


pagetop