お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

とても大事、猫の飲み水

猫の健康のこと: 2019/12/26

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

今日は猫の飲み水のお話を。

寒くなると飲水量が減り、水分補給を気にする方も

多いのではないでしょうか?

 

冬だからこそ飲み水の工夫をして、

猫さんが十分な水分補給を出来きるようにして行きましょう。

 

まず、目安になる飲水量からお伝えします。

 

猫に必要な1日の正常な飲水量は体重1㎏あたり約50mlが

目安と言われています。

 

なので、体重が3㎏なら、約150ml,

5㎏なら、約250ml、という計算になります。

 

でも実際、普段お家の猫さんがどの位お水を飲んでいるかを

把握するのはなかなか大変です。

 

我が家ではメモリがついた飲水器を使用しているので、

どのくらい飲んで減ったか一目瞭然でわかるのでとても便利です。

 

また少し手間はかかりますが、毎日水を入れ替える際に

計量カップで水の量を測って入れ、

そして次に水を入れ替えるときに残った水を計量カップに戻し、

何時間で何ml飲んでいるかを測ると正確な量を把握する事が出来ます。

 

この計量は出来るだけ同じ時間や間隔で行って行くと

更に詳し正確なデータになりますのでおすすめです。

 

この飲水量チェックは、ただ水の飲水量を測るだけではなく、

この量の変化で病気の発見に繋がることもあるのです。

 

水を飲まなすぎても、飲みすぎても病気の可能性があるので、

飲水量は健康の重量なバロメーターになります。

 

特に腎臓疾患は多飲多尿が大きな特徴の一つなので、

日々の小さな変化が早期発見に繋がります。

 

中には、健康でもお水を飲みたがらない猫さんもいますが、

今は健康でも、猫がかかりやすい泌尿器系や腎臓病の

予防のためにも出来るだけ無理なく水分をとって欲しいですよね。

 

そんな時は器を変えたり、置く場所や飲みやすい高さに

調節してあげるだけで飲んでくれるようになることもあります。

 

特に高齢猫は首を下げにくくなって来るとお水を飲むことが

しんどくなってしまうので、高さの工夫は大切です。

 

また、冬場エアコンをつけていると室内は暖かく、

乾燥しがちなので、喉も渇き、意外にちゃんとお水を飲んでくれる

事が多いと思います。

 

ただ、お水を寒い場所に置いていたりすると行きたがらないことも。

 

猫さんがお昼寝しているお部屋や快適に過ごしているお部屋に

きちんと水飲み場を作っておくと、寝て起きて、

喉が渇いて水を飲みに行く、という導線が自然に出来ます。

 

いろいろ試してそれでも、どうしても飲水量が少ないと感じる時は

フードをドライフードの他にウェットフードをあげるのも良いですね。

 

また、ササミを何も味をつけずに茹でた汁なども風味があり、

喜ぶ猫さんも多いようです。ゆでたササミはおやつにもなりますし。

 

健康な時にこそ、普段の飲水量をチェックする事が大切です。

是非、お家の猫さんがどの位飲んでいるのか、確認してみて下さい。

 

そして、気になる事があったら、早めに病院を受診しましょう。

その時に日頃の飲水状況が把握出来ていると、獣医さんに普段の

状態をきちんと伝える事が出来るので診察もとてもスムーズです。

 

冬場のお水の飲み方、気にして見てあげて下さい。

飲水器に関してや猫さんの飲水にお悩みがあったら

いつでもねころんにご相談下さい。


pagetop