お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

猫を連れて引越しするときの注意点

猫と暮すノウハウ: 2020/03/13

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

今日は引越しのお話です。

春は1年で1番の引越しシーズン。

転勤や新居への引越しなどをする方も多いのでは無いでしょうか?

 

人間だけでも引越しはとても大変な作業です。

そこに猫も加わっての引越しになったら、更にしっかりと

計画、準備をする必要があります。

 

猫は警戒心が強く、縄張り意識が強い動物です。

部屋の模様替えはもちろん、お家の引越しになったら、

性格環境がガラッと変わるわけですから大きなストレスになります。

 

新居に出来るだけストレスを少なく引越しできる様に

準備、段取りをしっかりして行きましょう。

 

まずは引越し前の準備です。

 

・キャリーバッグに慣れさせる。

 普段からキャリーバッグをリビングやお部屋に出して、

 特別感をなくす。

 

・ケージに慣れさせる。
 
 引越し先で猫にとって安心できる空間を確保するため、

 日常的にケージを使い、猫に自分の空間、場所を覚えてもらう。

 

キャリーやケージの中には猫が使っているブランケットや

マットやベッドなどを置いてニオイでも安心できる様にしてあげて下さい。

 

次は引越し後の過ごし方です。

 

・可能であれば1部屋を臨時猫部屋にして、入室禁止部屋を作る。

 ケージに入れて、部屋のドアをしっかり閉めれば、脱走の

 心配もありません。

 引越し業者や大きな物音が猫にとって、とても大きなストレスになります。

 なので、隔離して、そっとしておいてあげましょう。

 

・荷物や段ボールが山積みの状態で猫をフリーにしない。

 荷物があらかた片付き、配置できるまでは猫はケージに入ってもらって

 いる方が安全です。新居でいきなりフリーにしてどこかに隠れたり、

 窓やドアを開けた瞬間に脱走されたら、それこそ大変です。

 

・行動フリーOKになったら、猫の好きな様に探検させる。

 猫は警戒心同様、好奇心も旺盛な動物です。

 引越し後、安心だどわかったら、自分から探検を始めるはずなので、

 探検しても危なく無い様にしてあげて下さい。

 

・もし、引越し後体調不良が見られたら、すぐに病院へ。

 引越し当日はご飯を食べなかったり、トイレの回数が減ったりは

 よくあることです。ですが、翌日になってもご飯を食べる気配や

 トイレに行か無い場合は要観察し、早めに病院を受診しましょう。

 

我が家も数年前に5匹を連れて大きな引越しをしました。

当日は全員ビビりモード全開でしたが、1部屋を猫隔離部屋にして、

引越し業者など家族以外立ち入り禁止にしました。

 

翌日には各部屋の探検が始まり、トイレの失敗もなく、

1週間もしたらすっかり新しい家に慣れてくれました。

 

猫を連れての引越しを考えるなら、まずはしっかり準備をすることが

とても大切です。

 

これから引越しをお考えの方は猫引越し作戦を充分に

立てる事をおすすめします。

 

引越しについて、不安だな、心配だなと思ったら

いつでもでもねころんにご相談下さい。


pagetop