お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

猫にとって大切な睡眠時間

猫と暮すノウハウ: 2020/08/26

単発ブログ213画像

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

今日は猫の睡眠のお話。

猫という名前で呼ばれる由来は

「よく寝る子」だから「寝子」

という説は有名な話ですよね。

 

人間同様、猫にとって睡眠はとても大切です。

お家の猫さんに快適な睡眠、とって欲しいですよね。

 

一般的に成猫の睡眠時間は、1日に12〜16時間だといわれ、

1日の半分以上を占めています。

子猫や高齢猫になるとさらに増えて、20時間近く寝ている猫もいます。

 

猫はどうしてこんなに眠るのでしょうか?

 

それは猫がもともと狩猟動物だったことと関係しています。

獲物を捕まえるための狩りや自分の生活テリトリーを守る

縄張り争いなどに備え、普段はエネルギーを温存していました。

 

そのため、無駄なエネルギー消費を避けて、1日の半分以上は

寝て過ごしていたのです。

 

猫も人と同様に、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を

繰り返します。

ただ、猫の場合は深い眠りが20%、浅い眠りが80%で、

熟睡出来る時間がとても少ないのです。

 

これは自分自身を守るために熟睡時間が少なく、

浅い眠りで危険を察知したり、敵に襲われそうになった時に

すぐに気づくためと言われています。

 

ですが、室内で生活している猫さんは敵に襲われる心配や身の危険が

少ないがないため、野良猫や外猫よりも深い眠りの時間が長いようです。

 

そこで、家の猫さんが今よりもっと快適に睡眠をとるために、

今の環境を見直してみませんか?

 

難しく考えなくてもすぐにできることばかりなので大丈夫です。

いくつか例を挙げてみますので、お家の猫さんと生活環境に合った

工夫を試してみて下さい。

 

・暖かい日差しや日向ぼっこ出来る場所を確保

・適度に薄暗く、隠れ家的な場所にキャットスペースを作る

・キャットタワーの上や家具の天面などにキャットスペースを作る

・猫のお休みタイムが始まったら室内の照明はやや抑え気味

・寝ている側で大きな音のするドライヤーや掃除機は厳禁

・快適な温度管理、湿度管理

 

猫が室内で安心して快適に眠れるということは、眠りの質が高くなり、

体調不良になりにくく、長生きできる可能性が高くなります。

寝ている時にストレスがかからないことは大切ですね。

 

我が家も8匹の猫たちに快適に過ごしてもらうため、15カ所以上の

猫専用くつろぎスペースを確保しています。

今もエアコンの効いたリビングで3匹が穏やかにお休みタイムです。

 

お家の猫さんの可愛い寝姿を見れば、心癒され、

人間側の様々なストレスも軽減します。

私も今、側で寝ている「きじたろう」を見て、癒され中です。

 

毎日の猫との暮らし方ついてのお悩みやご質問がありましたら、

いつでもHPよりご相談下さい。


pagetop