お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

重要です!再確認しましょう!暑さ本番、熱中症予防

猫と暮すノウハウ: 2017/07/27

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

記録的な集中豪雨により被災・避難されました皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

皆様の安全と一日も早い事態の終息、復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 

さて、今年の早い時期から『酷暑』だと言われていましたが、

それに加えてゲリラ豪雨も急増のようです。

ウェザーニューズによれば、なんと今年のゲリラ豪雨は、

全国で「7,043回」も発生するとのこと。

本当に驚き、今年の夏は本当に大変な事になりそう…とドキドキしている私です。

 

さて、暑いのは人間だけではありませんね。

皆さんのお家の猫ちゃん達も敏感に感じているはずです。

だって、みんな夏でも立派な毛皮を身にまとっているのですから・・・

 

日中、猫だけのお留守番時にも冷房またはドライは必須です。

28度前後を目安に、扇風機やサーキュレーターで風の流れを作るのも良いですね。

とにかく熱中症にならない環境作りが大切です。

 

特に老猫や闘病中の猫、体力が安定していない子猫が快適に過ごせる工夫が必要です。

また、人間の子供同様、締め切った車内にキャリーバックにも入れて

置いたままちょと買い物なんて、絶対に絶対にダメです。

 

移動できない締め切った室内、車内には

間違っても大切な我が子(猫)を置いていったりしないで下さいね。

大事なのは、

・適正な気温と湿度
・風通しの良い空間
・いつでもお水が飲めるように複数の水飲み場

そして万が一、次のような症状が出ていたら、

迷わずかかりつけ病院での受診をオススメします。

・ぐったりして元気がない
・開口呼吸が大きく激しい
・よだれを流す
・嘔吐を繰り返す

 

厳しい暑さ、ゲリラ豪雨での湿気、例年以上に注意が必要な今年の夏です。

熱中症対策、室温対策、ご質問がありましたら、いつでもHPよりご相談下さい。


pagetop