お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

まめに続き、きなこも入院

我が家の猫達: 2019/02/08

単発134画像ブログ

じつは…

昨日、きなこも入院となった我が家です。

 

少し前から猫風邪がじんぐりと猫達に感染…

最後まで症状が出てなかったきなこ。

 

元野良出身だから、免疫力が高いのか…と

思っていたら、いきなり重い症状が出ました。

えぇー、これは困ったことになったよ、きなちゃん。

 

未だになかなか身体に触られてくれないきなこ。

もちろん抱っこも出来ません。

 

でも見るからに症状が重い、なんとかしてキャリーに入れなければ。

と、逃げ回るきなこと格闘すること30分以上。

 

最終的には廊下に逃げたきなこ、すべての部屋のドアを閉め、

その様子にびっくりして自らキャリーに入ってくれました。

もう、偶然中の偶然、奇跡に近い確率で入りました。

 

病院で診察を受け、重症なのと家だときなこの性格上、

点眼点鼻も投薬もとても大変なことが予測され、

他の猫への更なる感染を避けるために入院がベストという結論に。

 

今日、面会にいったら静かな猫専用隔離部屋で、

大きなゲージの隅っこに(涙)

 

病院で用意してくれた3種類のウェットが盛られた

超豪華ご飯も全く口をつけないそうで…

 

でも、そんな状態のきなこでも唯一、食べたものが。

それは…例の…世の中の猫さん達が大好きな

「ちゅーる」

病院用ちゅーるを1本ペロッと食べてくれたそうです。

 

良かった、良かった。

普段からちゅーるが大大大好きなきなこ。

いつもは1本をみんなで分けっこだけど、

今日は自分だけで1本食べることが出来て良かったね、きなちゃん。

 

抗生剤の投与、点眼点鼻、順調に行って早くきなこの

体調が復活し、ご飯が食べられるようになりますように。

 

あ、久しぶりの病院で、先生から

「きなちゃん、女の子なのに大きいね〜」と

言われました、はい。

 

我が家で保護した時は4キロちょっとだった体重が、

1年半経った今、4.7キロに。

しっかり大きくなってました。

 

お家生活は安全でご飯が美味しいっていう風な理解で

合ってますよね?きなこさん(笑)

 

と、いう訳で、きなこも入院になったので、

どうぞきなこの事も応援よろしくお願いします。


pagetop