お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

純粋なきもち

猫も人もHappyに、暮らし方のヒント: 2019/03/24

logo5

春のお彼岸も今日が明けの日。

私も毎年恒例のお墓参りにのために栃木に帰省。

 

都会と違い、地方のお墓は敷地も広く、

一軒一軒のお墓も大きめ。

 

小学校1年生の甥っ子と保育園児の姪っ子も

一緒にお墓参りです。

 

お墓参りが終わり帰ろうとした時に、

お墓の裏の斜面に結構な大きさの野良猫?

顔も大きく、身体も大きかったので、

未去勢のオス猫の可能性大。

 

私、どこにいっても猫アンテナが立つので、

「あ、猫!」

と、ついつい叫んでしまい(笑)

 

すると、甥っ子が、

「どこ?どこ?どこにいるの、猫」

斜面にいる猫を指差し、

「あの猫は大きさから見ても、オス猫だよ」と、私。

「にゃんこママは大きさでオスってわかるんだね、すごい」と甥っ子。

 

「まぁね〜」と、小学校1年生を相手に自慢げな私。

「猫、飼いたいなぁ〜」と、甥っ子。

「猫好きだもんね、でも猫さんと暮らすには色々準備がいるよ」

「もし、本当に猫さんとの暮らしたいなら、一緒に猫さんの勉強しようね。」と、私。

 

「うん、わかった。猫って可愛いよね」と、甥っ子。

「にゃんこママのお家の猫ってどんな風に可愛いの?」と、質問する甥っ子。

こんな質問が出来るくらい、大人になってました、甥っ子。

 

「猫は、遊んでる姿もご飯を食べてる姿も、お昼寝している姿も、

みんな可愛いんだよ、お家に帰ると玄関にもお迎えに出てきてくれるし。

猫がお家にいてくれるだけで、にゃんこママは幸せなんだよ」と、私。

 

「猫、いいなぁ〜、飼えるようになりたい!」と甥っ子。

思いがけずこんな会話が出来て、とても嬉しかった私。

 

妹も根っからの猫好きだし、これはDNAの為せる技?と思いながら、

将来的に、妹の家で甥っ子や姪っ子が猫と暮らす楽しさ、

幸せを実感してくれたらこんなに嬉しいことはありません。

 

甥っ子の願いが叶うように、私も陰ながら応援していこうと思います。


pagetop