お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

初期症状を見逃さない、猫の腎臓病

猫の健康のこと: 2019/08/29

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

今日は高齢期の猫がかかりやすい慢性腎不全について

再度お話ししたいと思います。

 

猫の腎臓病(腎不全)は高齢猫がかかる病気の上位に入り、

一緒に暮らしている私達が知っておかなければならない

猫にとって重要な病気の一つです。

 

現在、猫との暮らしは完全室内生活が定着し、

フードも良質なものが増え、そのおかげで平均寿命も伸び、

ご長寿猫さんも増えました。

 

その為、高齢猫特有の病気にかかる猫さん達も多くなりました。

一説には15歳以上の猫では30%以上が慢性腎不全を発症している

と、言われています。

 

高齢猫さんと暮らしていて、最近、何か気に成る症状出ていませんか?

初期症状を見逃さない為にも以下の事が当てはまるかどうか

チェックしてみて下さい。

 

・以前に比べてお水を大量に飲んでいる

・おしっこの量が明らかに増えている。

・おしっこの量は増えているのに、ニオイがあまりしない

・嘔吐の回数が増え、便秘気味

・毛艶が悪くなり、バサバサになっている

・抱っこするたびに軽く感じ、実際に痩せて来ている

 

この項目に一つでも当てはまるなら、

すぐにかかりつけの病院に行って、健康診断、血液検査を

受けることをお勧めします。

 

数年前までの血液検査(クレアチニン検査)では

腎臓の機能が約75%以上失われていないと異常という診断に

ならないことがほとんどでした。

 

ですが、約3年ほど前から実施されるようになったSDMAの血液検査では

腎臓の機能が40%失われた状態で数値に現れる為、

早期発見ができる可能性がグンと上がりました。

 

早期に発見できれば、フードの工夫、投薬、通院で

症状を抑えながら落ち着いて治療することが出来ます。

 

猫さんにとっても症状が悪化してから急に治療が始まるのは

身心共にストレスが大きくなってしまいます。

 

ですが、早期発見することが出来れば、

食欲が落ちたり、重症な便秘になったり、毛艶が極端に悪くなるなどの

心配な症状を最小限で食い止めるられる可能性もあります。

 

もし、腎臓病と診断された場合は獣医さんと連携をとりながら、

お家の猫さんの体調に合わせた治療を進めて行きましょう。

 

腎臓は再生しない臓器なので、腎臓病が完治する事は

ありません。

 

でも、早期発見、早期治療をスタートすることで、

猫さんの長生きに繋がります。

 

高齢期を迎えた猫さんとの暮らしは

普段からちょっとした体調の変化を見逃さない事がポイントです。

 

健康診断も13歳を過ぎた頃からは半年に1度は

受けておくと安心ですね。

 

我が家の最年長猫のまつちよもいよいよ17歳。

9月になったら、健康チェックと血液検査に行く予定です。

 

腎臓病(慢性、急性共に)ご心配な点やお悩みがありましたら

いつでもご相談お受けします。

ホームページの質問フォームからご連絡下さい。


pagetop