お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

ビビりながらの抜歯

猫も人もHappyに、暮らし方のヒント: 2020/01/23

単発ブログ151画像

一昨日のブログで書いた、私の抜歯の話。

今日、無事?!に3本まとめて抜歯となりました。

 

最初は下の歯2本だけという話から、

どうせ抜くなら痛い思いをするのは1回で済むから、

3本一緒に、ということになり、それで一度着地。

 

が、しかし、当日行ったら口腔外科の先生が

「一度に3本抜かずに、2本にしておきますか?」と。

 

え?うん?いやいや、私3本抜く気で来てます…

 

主治医の先生は「痛い思いは1回の方が良いから、

3本抜いて大丈夫だと思うので、3本抜く方向で」

 

口腔外科の先生、「たぶん3本抜けると思うけど、

1回お口の中を、診てからにしましょう」

 

もう、私はまな板の上の鯉、ですから後は先生の判断で。

そして、結果的には3本抜歯に。

 

もともと麻酔が効きにくいかもと言われていたので

覚悟してましたが、麻酔がなかなか効かず、何度も

麻酔を追加、最終的には神経の大元にも打って処置。

 

抜歯よりも麻酔の方が時間がかかった感じ…

生まれて初めての永久歯の抜歯。

相当ビビりながらの処置でしたが、どうにか終了。

 

口の中が気になりすぎてどうやって家まで戻ったか

あまり覚えておらず(苦笑)

 

夜になり口の中の違和感と痛みも出てダウンしていると

ちゃんと年長組のまつちよとひょうがベッドに来て

寄り添ってくれました。

 

特にひょうはぴったりくっついて離れません。

こういう時、猫ってとても敏感に察知してくれるんですよね。

私も横にもふもふが来てくれて安心して休むことが出来ました。

 

改めて猫の癒しの力を感じた時間でした。


pagetop