お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

長女ねこ・きなこのこと(その3)

我が家の猫達: 2017/10/19

2017-09-17 13.17.03

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

ここ数日の雨つづきのお天気、気温の低下、急に秋というか初冬を感じています。

17歳の「ちぃちぃ」、15歳の「まつちよ」と高齢猫がいる我が家。

ホットカーペット、猫用ふかふかベッド、エアコンも稼働開始です。

皆さんも猫ちゃんはもちろん、私たち人間の体調管理もしっかりして行きましょう。

 

今日も引き続き「きなこ」のその後をお伝えします。

前回もお伝えしましたが、SNSなどで紹介しているきなこのことを

気にかけて下さる方が日に日に増えて、本当にありがたいです。

 

きなこが我が家に来て1ヶ月が過ぎました。

隔離生活もそろそろ卒業、そう思い先住猫達とついにご対面。

もちろん、初めはゲージ越しです。

この1ヶ月部屋は隔離していましたが、きなこも先住猫達もお互いの

存在には気がついています。

 

先住猫…なんせ7匹いますから…一番性格の穏やかな子からスタートです。

夫が先住猫達を代わる代わる抱っこし、きなことゲージ越しに

会わせて様子を見ます。

 

ここでは特に大きな拒絶も威嚇もほとんど無し。ホッとしました。

この最初のご対面は子猫と先住猫の時にも毎回緊張し、この一歩が

上手く行くかどうかでその後の猫達の関係も変わってしまうことがあるからです。

 

今回は3年お外で野良生活をして来た、きなこ、我が家初の女の子猫です。

本当にドキドキで私は猫達のご対面の間、ずっと緊張してました(笑)

 

その私のドキドキ、緊張を一気に取り去ってくれた出来事が起きたんです。

 

なんと、きなこが自ら先住猫達に今まで聞いたことが無い鳴き声をあげて

コミュニケーションを取り始めました。

自分からコロンと転がりお腹を見せて、安全アピール。

 

きなこが先住猫達に

「私、仲良くなりたいの!!」

と、言っているように思えました。

これはきなこが子猫期から厳しい野良生活を経験、乗り越えて

身につけた術なのでしょう。

 

猫は無駄なケンカをしません。勝てそうにない相手と判断したらサッと退散します。

特に避妊手術済みの女の子猫のきなこは

ケンカはもちろん、無謀な戦いも避けて通って来たはずです。

これがきなこのスタイルなんだなぁと感心してしまいました。

 

この時、気がついた事がありました。

きなこは猫にたいしてのコミュニケーション能力がとても高かったのです。

保護してからの1ヶ月、私達人間と先に仲良くなってもらうことを

考え、優先して来ましたが、違っていました。

 

なので、計画変更。

3段ゲージの扉を全部開けて出入り自由に。

ほんの数時間できなこは「きじたろう」&「しまじろう」兄弟と

追いかけっこしながら遊び始めました。

その姿を見た夫と私が嬉しくなってしまったのは言うまでもありません。

とにかく今は私達のきなこへの想いが一方通行でも良い、

猫は猫同士、先住猫7匹と仲良くなってもらうことが

最優先事項です。

 

と、いう訳できなこの全室デビューはあっけなく完了。

それでもしばらくはきなこも安全なテリトリーのゲージ中心の

生活だと思いますが、少しずつ家の中の行動範囲を広げてもらえたらと思います。

 

次回、きなこの健康面の話をしたいと思います。

どうぞお楽しみに。


pagetop