お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

うちの子の適正体重、体型って?

猫の健康のこと: 2018/08/16

logo5

 

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

お盆の真っ只中ですが、皆さんいかがお過ごしですか?

私は毎年恒例の実家の迎え盆と送り盆に行く予定です。

 

今日は猫の適正体重と体型のお話を。

猫の適正体重は、それぞれの骨格や体格などによって違いますが、

大型猫種以外の猫は1歳位でほぼ成長が止まるので、1歳時の体重を目安として

維持して行くのが理想とされています。

 

MIXの猫の場合、

オス♂ 4.3kg~5.5kg、メス♀ 3.1kg~4.2kg

と、言われています。皆さんのお家の猫ちゃんはどうですか?

我が家はオーバー気味の子が多いです(笑)

 

子猫の頃から体重を測ることを習慣にすると、体重の変化から

体調不良に気づけることもあります。

なので、定期的に猫ちゃんの体重を測り、記録をつけると良いですね。

 

また体型から適正度を判断することも出来ます。

その判断方法は次の通りです。

 

お家の猫ちゃんの身体を触り、背骨やあばら骨が

皮膚の上から撫でるだけでも明らかに触れる場合は痩せ過ぎです。

逆に撫でてもなかなかあばら骨を確認できない場合は肥満の可能性があります。

理想は、撫でた時に背骨やあばら骨がうっすらとわかる程度の

肉付きとされています。

 

また、よくお腹の皮膚が垂れていると、肥満?と思われることが多いのですが、

じつはこれ、正式には「プライモーディアル ポーチ」、

日本では「ルーズスキン」と言われているものです。

 

これは、ケンカの際に噛まれて血管や内臓に致命傷を負わないため、

高くジャンプをするときに体の皮が突っ張らないようにするためなど、

諸説ありますが、トラやライオンなどの大型ネコ科動物にも見られる特徴のため、

致命傷を避ける説が有力とされています。

なので、お腹の皮膚が垂れているだけでは肥満と言えない場合も多いのです。

 

もし今、お家の猫ちゃんが適正体型、体重に近いのならば、

このままキープを心がけましょう。

 

体重のコントロールが必要な場合でも猫ちゃんによって

カロリーの消費量も違ってくるので、急にフードを変えたりはせず、

少しずつ様子を見ながら調整をして行きましょう。

 

健康診断等で動物病院を受診した時に、適正フードの相談をするのも

良いと思います。

 

フードも毎年の様に新商品が発売になり、症状別、用途別

たくさんあります。時には療法食の選択が必要になる場合もあるので、

その時は一度、獣医さんと一緒にフードの検討をして行きましょう。

 

適正体重、それに合わせたフード選びにお困りの方が

いらっしゃいましたら、いつでもねころんにご相談下さい。


pagetop