お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

11年ぶりの再会

猫と暮すノウハウ: 2018/09/24

単発ブログ⑤画像

11年前に我が家で4匹の子猫を保護したことがありました。

その時は、私の友人2人が里親の名乗りをあげてくれて、

2匹ずつ譲渡しました。

 

あれから11年の年月が過ぎ…

4匹の中で紅一点の「ひめちゃん」に会うことが出来ました。

 

ここ最近ひめちゃんの体調不良が気になり、我が家が通っている

病院でセカンドオピニオンを受けたいと友人からの相談があり、

病院に同行しました。

 

11年ぶりに会った、ひめちゃん。

キャリー越しに私を見るや否やクルッと向きをかけて

お尻を向けての塩対応(笑)

 

いいんです、これがごくごく普通の猫さんの反応ですから(苦笑)

黒多めの黒白ハチワレ、お鼻が黒くて可愛い丸顔。

 

今回、ちょっと深刻な病気の診断が出て、友人家族も戸惑っていましたが、

セカンドオピニオンを受け、色々な選択肢があることがわかり、

こらから先、治療へ向けて心の準備が出来たことと思います。

 

人間同様、大きな病気やケガの時、診断内容に不安や疑問があったら

やっぱりセカンドオピニオンは必要だと改めて思いました。

 

我が家で生後2週間で保護、3ヶ月過ぎに友人に託して11年。

家族全員で大事に、大事にここまで育ててくれています。

小学4年生の女の子は診療中ひめちゃんをそばで見守り、

その後検査の為、一旦ひめちゃんを預け、離れ離れになることに

思わず泣き出すほど。

 

たくさんの愛情を惜しみなく注いでくれている友人家族に

感謝しかありません。

 

これから、友人家族が不安な時に私が少しでも役に立てる様、

寄り添えたらと思っています。

 

子猫の頃の面影が残り、可愛いひめちゃん。

ひめちゃん、大丈夫だよ、みんなで応援してるから、

一緒に頑張って行こうね。


pagetop