お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

猫は雨の日によく寝むる?!

気になる世の中の猫ばなし: 2018/10/04

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

 

今日は今週末もまた心配されている台風にも関係するお話を。

寝る子と書いて寝子=ねこ、そんな説があるくらい、

1日の大半を寝て過ごしている猫。

 

猫の平均睡眠時間は、成猫で12時間から16時間、子猫などは20時間近く、

1日の半分以上を熟睡はもちろん、ウトウトしているわけです。

そんな普段からよく寝る猫ですが、これが雨の日になると

さらによく眠っていることに気づいていましたか?

 

なんとなく、雨の日は大人しいなとか、よく昼寝してるなとか

感じている方も多いと思います。

なぜ、雨の日に猫はよく眠るのでしょう?

 

これは人間にも当てはまることなのですが、気圧の変化に原因があります。

気圧が低くなる時、梅雨の時期や台風の時などに

猫や人の身体に影響が現れやすくなります。

 

人の場合は低気圧の時に偏頭痛が起こりやすくなったりするため、

頭痛持ちの人がお天気が悪くなると憂鬱だ、と言っているのを聞いた事ありませんか。

 

気圧が下がると必然的に、酸素濃度も下がり、

当然、取り込む酸素量にも影響が出てきます。

肺に取り込める酸素がわずかながら減ってしまうそうで、

脳にいきわたる酸素量が減り、眠くなったり、身体のだるさ感じたりするのです。

 

猫も同じことで低気圧の日はなんとなくだるい、気分ものらない、

それなら無駄に動かず、じっと寝て過ごすことにしよう。

となるわけです。

 

また猫は元々狩猟動物なので、雨の日は獲物になる小動物の

活動が少ないため、狩りはお休み、無駄なエネルギーを消費しない

体力温存、そんな名残もある様です。

 

皆さんのお家の猫さんはどうですか?

我が家の成猫達は雨の日はみんな本当によく寝ていて、

食事の回数も減るほど。

 

ですが、生後4ヶ月の子猫チームはこの低気圧、

まだあまり感じ取れていない様で、雨の日でも元気に走り回り、

じゃれあい、遊んでいます。

 

今年は台風が多く、まだこの後も日本列島に接近している

25号があるそうで…

 

高齢の猫さんにとってはこの気圧の変化も辛い時があるので、

高齢猫さんや病気を抱えている猫さんの体調管理は気をつけてあげたいですね。

 

季節の変わり目、猫さんの体調の変化や管理でお悩みの方が

いらっしゃいましたら、いつでもねころんにご相談下さい。


pagetop