お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

冬本番、猫もお部屋で快適に過ごしたい

猫と暮すノウハウ: 2018/11/29

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

今年の冬は暖冬予報も出ている様ですが…

寒さが本格的になって来た今日この頃。

お家の猫さん達が快適に過ごせる様に再度見直して行きましょう。

 

ここ最近、ねころんでも冬のお部屋環境のご相談が増えてきています。

皆さん色々考え、工夫されお家の猫さんの体調を気にかけていらっしゃいます。

 

まずはご質問の多い、お部屋の温度。

地域や家の構造によっても多少の違いはありますが、エアコンの温度は

基本、人間も快適と思う温度、「24~26℃」を目安にすると良いでしょう。

我が家は今くらいの季節だと、22℃設定でも充分に暖かさを感じます。

 

また、子猫や高齢猫は体温調節がうまくできない事もありますので、

少し高めに設定してあげる工夫が必要です。

 

また最近の住宅環境の特徴として、床はフローリングが多いのですよね。

室温が20度を下回ってくると、素足でフローリングを歩いた時に、

冷たさを感じること、ありませんか?

 

そんな時、お家の猫さんの足の裏を触ってみて下さい。

結構ヒヤッと冷たくなっているんです。

これも暖房を使用する一つの目安と言えるでしょう。

 

エアコンだけでなく、ホットカーペット、冬用のラグ、

猫用のもふもふ暖かベッドなども併せて使っていくと

猫自身が快適な場所を見つけ、過ごしてくれます。

 

以前にもお伝えしましたが、こたつを使う場合は、

入り口を全部ふさがず、こたつ布団を一箇所あげておき、

空気が大きく入るようにしましょう。

 

高齢猫などは思うように動けず、そこで脱水症や低温ヤケドに

なってしまうのを防ぐためです。

 

また、お天気の良い日は日向ぼっこをする猫さんも多いと思うので、

お気に入りの日向ぼっこスペースにマットを置いてあげたり、

カーテンを少しだけ開けておいてあげたり、

効率よく日向ぼっこができる様にしてあげて下さい。

 

そして、この時期、多頭生活ならではのお楽しみは、

猫同士の寄り添い寝。一緒に寝ると暖かく心地よいを

猫達はちゃんと知っています。

 

2匹、3匹と並んで寝る姿、2匹がアンモニャイトスタイルで

互い違いに寝る姿、本当の可愛くて癒されます。

写真のシャッターチャンスも増えますね。

 

寄り添い寝は猫同士は暖かく快適、人はその姿に心和む。

多頭生活あるあるです。

これから多頭生活をしたいなぁと思われている方、オススメですよ!

 

寒くなると急に膀胱炎の症状が出たりする猫さんもいるので、

日中お家を留守にする時でも、安全性の高い暖房器具

エアコンやホットカーペットで快適空間を作ってあげて下さいね。

 

お家での冬対策などご質問、お悩みの方がいらっしゃいましたら、

いつでもねころんにご相談下さい。


pagetop