お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

久しぶりの夜間救急

我が家の猫達: 2019/02/01

logo5

今年の冬は我が家の猫達、体調不良にみまわれています。

まつちよの重症の胃腸炎からスタートし、

その後、抵抗力、体力が落ちてきたまつちよ、

くしゃみが始まり、それがじんわり他の猫達に。

 

9匹もいると平気な子、急に症状が出る子、色々です。

これも多頭生活あるあるなのか…など思いつつも

しゃべれない猫達が体調が悪そうなのは本当に

見ているこちらが辛い。。。

 

ここ数日、ちょこっと嘔吐があった、生後8ヶ月のまめ。

これ以上吐かないようにと、常備している吐き気止めを

飲ませようと思ったら…

 

嘔吐しながら家中逃げ回り、あっという間に口からアワアワと、

泡を吐いたので、もう慌てて夜間救急へ。

 

かかりつけの病院は夜間でも対応可。

宿直の先生がいるので、こんな時は安心。

 

実は夕方、まめの薬の相談を担当獣医師としていたので、

その記録をカルテに残しておいてもらえたので、

担当獣医師以外でも今日の経過がわかり、

すぐに脱水を防ぐ補液と吐き気止めの点滴の処置。

 

夜間なので応急処置ですが、触診もしてもらい

今のところ誤食誤飲の可能性は低そう。

 

でも明日も嘔吐が続くようなら、また通院です。

まめちゃん、点滴が効いて、嘔吐が止まってくれることを祈ります。

 

ずっとご心配頂いている、まつちよですが、

だいぶ体調が戻ってきました。

ウェットもドライも自力で食べられるようになったので、

強制給餌も夜の1回だけに。

 

体重も順調に増えてきました。

治りかけが肝心なので、気を抜かず完治出来るよう

投薬も頑張ります。

 

久しぶりの夜間救急は心臓ドキドキものでした。


pagetop