お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

春に向けて、抜け毛が気になる季節です

猫と暮すノウハウ: 2022/03/17

今日は抜け毛、換毛期のお話です。

猫と暮らしている皆さんの中には猫の毛がいつもよりたくさん抜け始めたら、

春が来たことを実感する、なんて人も多いのではないでしょうか?

 

そう、春は猫の抜け毛の季節。

一般に猫の抜け毛が増える時期を「換毛期」と呼びます。

 

春は3月頃、秋は10月頃、猫の換毛期は年に2回と言われています。

春の換毛期は冬毛から夏毛に、秋の換毛期は夏毛から冬毛に変わります。

人間でいうと衣替えといったイメージですね。

 

この時期はちょっと撫でただけで毛が舞ったり、抱っこしたら、

洋服にごっそり毛が付いてしまうこともしばしば。

 

我が家は8匹の大所帯なので、猫達がお気に入りのベッドや

クッション、ソファなどには抜け毛が山盛りです。

 

ここ数年、お家猫の終生完全室内生活の徹底もあり、完全室内生活の猫は、

換毛期があまり関係ないのでは?と言われることが増えてきました。

 

その理由としては、完全室内生活の猫は、

冬の寒さ、夏は暑さ、雨や雪、強風などとは無縁なことが多いからです。

快適な環境で大きな気温差を感じずに生活している猫の場合、

夏や冬に備えて毛を変える必要が無くなっているのかもしれません。

 

そうか、なるほど、と思うものの、私自身、猫との生活を35年以上送っていて、

やはり春と秋は抜け毛が多いと感じています。

 

そこで、この抜け毛対策として最も有効なのはこまめなコーミング。

コーミングするだけでかなり抜け、自然に落ちる毛を減らすことが出来ます。

特に長毛猫の場合、ヘアボール(毛球症)予防の為にもこまめなコーミングは必須です。

 

この抜けていく毛は放っておくと、室内に抜け落ちるだけではなく、

日々の念入りな毛繕いのおかげで猫は自分で自分の毛を舐めとってしまい、

嘔吐や便秘の原因にもなります。

 

もちろん、短毛の猫も毎日とまでは行かないまでも、定期的なコーミングが必要です。

コーミングすることで皮膚に刺激も与えられますし、被毛も

つやつやふかふかになります。

 

なので、我が家では換毛期は自然とコーミングの回数が増えます。

コーミングは猫とのスキンシップの時間でもありますし、

体表面の変化に気がつくこともあるので、とても大切なケアです。

 

コーミングが苦手な猫ちゃんの場合は短い時間で軽めに始めて、

誰でも使いやすいコーム(クシ)タイプを選ぶのが良いと思います。

 

よくお店で見かけるスリッカーブラシなどは素人では

扱いが少し難しく、皮膚を刺激し過ぎ、傷が付きやすいので、

避けたほうが無難ですね。

 

そして、嫌がるそぶりを見せたらすぐにやめる、無理強いすると

コームを見せただけで逃げていくようになってしまいますから。

 

どうしてもコーミングを嫌がる場合は、

手をぬるま湯で濡らし、毛の表面を撫でるだけでも毛が抜けて手についてきます。

そんなソフトなタッチから始めてみましょう。

 

そして毛玉を吐くことが増えているようなら、フードをヘアボールコントロールに

変えてみるなどの工夫も必要ですね。

 

猫さんの健康のためにも、衣類や寝具が毛だらけにならないためにも

定期的なケアをお忘れなく。

 

コーミング、ケアの仕方、換毛期についてお悩みの方がいらっしゃっいましたら、

いつでもねころんにご相談下さい。

 


pagetop