お困りの猫相談はこちらから

知識ゼロからのねことの暮らし方 ねころん

ねころんブログ

猫に服を着せても良いの?

猫と暮すノウハウ: 2018/11/01

logo5

こんにちは、ねこ生活アドバイザーのかばきみなこです。

今日は猫が洋服を着る、を考えて行きたいと思います。

 

私は基本、猫には服は必要ないと思っています。

その一番大きな理由は猫にとってとても重要な毛繕いが

思うように出来なくなってしまうからです。

 

猫の毛繕いにはとても重要な役割があります。

・体温調節をする

・ストレスの軽減、解消

・被毛の清潔の維持

 

この大きな役割が果たせないと猫にとってストレスがたまってしまいます。

ですから、健康体の猫は服を着る必要性はありません。

 

ですが、最近ではインスタ映えなどもあり、可愛くておしゃれな服

かっこいい服などが販売され、着せて見たくなる気持ちもわかります。

 

なので、着せる場合には注意しなければいけないことがありますの

参考にしてみて下さい。

 

・猫が嫌がっていたら着せることを諦め、すぐに脱がす。

・起毛、毛足の長い布、ボタン、リボンなど、かじったり、舐めたりして
 誤飲につながる物は避ける

・高い所からのジャンプ、狭い場所へに侵入時に引っかかる物は避ける

・服を着せている時は、必ず飼い主さんの目の届く範囲で着せる

 

猫の場合喜んで着る子は少ないので、注意深く見てあげることが大切です。

 

ただ、次の様な場合は逆に服を着せる必要もあるので、

臨機応変に対応してあげて下さい。

 

・手術後のキズの保護や皮膚病の治療のため

・高齢猫さんで毛繕いもほとんどせず、冬場の寒さ対策のため

 

特にキズの保護が必要だったり、皮膚病を患っている場合は、

術後服の他に市販の猫用の服で代用できるものがあるかなど

獣医さんと相談して決めて行きましょう。

 

服を着せる時は、可愛く見える以上に注意しなければならない事も

ありますので、猫さんの気持ち、ストレス度合いを見極めてあげて下さい。

 

猫との暮らし方でご質問、お悩みの方がいらっしゃいましたら、

いつでもねころんにご相談下さい。

 


pagetop